キャリアデザインの需要と年収の傾向

キャリアデザインを担う仕事は転職の流行と共に需要が高まっています。キャリアコンサルタントは、転職についての相談にのったり人生設計を考えてどういった仕事の道があるのかということを説いたりする仕事であり、転職が一般的でなかった日本においてはその可能性についての情報を得る方法として重宝されています。

第二新卒と呼ばれる入社から3年前後の人も、長い期間企業に勤めてきて中途採用を目指す人も、育児から職場復帰を目指す人も同様にして扱ってもらえるということが大きなメリットであり、転職を考える際には誰もが一度は相談するという状況が生まれつつあります。転職を志望する人たちにとって重要な役割を果たすキャリアコンサルタントですが、その年収はどのような形で働いているかによって大きく違います。

転職エージェントに専属して働いている場合には年収額が250万円から400万円程度というのが一般的になっている一方で、コンサルタントを専業としている場合には500万円前後の平均年収があります。また、パートやアルバイトとして働いている人も散見されます。キャリアデザインを受けに訪れる転職志望者はさらに高い年収を希望している人も多く、そういった人たちにアドバイスすることは容易ではありません。なぜなら、より高いハードルを超えるために本人にも努力をしてもらう必要があるからです。

さまざまな広い視点からコンサルを行い納得できる職にクライアントがつけたとき、転職コンサルタントとして大きなやりがいと喜びを感じることができます。キャリアデザインを学ぶ講座などもあり、社会に貢献できるだけでなく自分にも有益な職業として今後も需要が高まると予測されています。将来、もっと豊かな人生設計を歩むために、一度ゆっくりと仕事のキャリアデザインを考えてみるのも良いかもしれませんね。